In【ライフハック編】自己啓発

リュックに詰め込むサバイバルツール、勉強の大切さについて

おはようございます。たにけです。
今日は幾分か気温も下がり快晴でありながら風も気持ちいいです。

さて、朝から職場に向かいます。
今日明日とまた社史の編纂業務。これが夏ぐらいまで続きます。

1つのプロジェクトが一年を超えてくるとなかなかスケジューリングに気を使います。

自分の今いる位置はオンスケで動けているのだろうか、リスケの必要はないのだろうか。

ま、建てた計画に従うしかありませんが、計画はあくまでも計画です。ふわっとしたまま徐々に固まっていく。

適度なストレスを抱えながら頑張るしかないということですね。

ま、でもほんと今いい勉強させてもらっています。将来に絶対に役立つだろうなと思いますね。

先日、ある国家資格の教則本を購入しました。これから徐々に電車の中で勉強していこうかなと思います。

最近思うんですよ。
会社と自分の立場は対等でないといけないと。

まだまだ私なんてスキル不足で、会社の売り上げの何パーセントが私の能力ですなんて言えたもんじゃありません。辞めたいなら要するにやめてくれてもいいよ!っていう扱いなんです。

これをここ何年の間で「辞めないで!」っていうレベルまで引き上げたいんですね。できるかどうかはわかりません。とにかくやってみないと。

さらに、「辞めないで!」って言われてもすぐに「いや私には他に……」 といって辞められるほどの人材にならないといけない。

そのためには自身のレア度を上げないといけない。なりたい自分になるためと、契約先と有利に取引ができるためです。
私の思う理想の働き方としてはコンサルタント業。
企業と契約し、知識を提供し、その対価をいただく。
これがやっぱり非常に効率がいいと思います。

なのでコンサルタントができるぐらいの知識量が必要。どの分野の業界で行うかは別として企業側から契約してくれませんか?といわれるぐらいのね。

夢は膨らむばかりですが、まずは先日購入した資格の本を読みながら次のステップに行きたいと思います!

さて、前置きは長くなりましたが、今日は勉強ってなんのためにするんだろう?

ってことについて。

この「勉強ってなんのためにするのか?」ってコドモラにもしっかり伝えていかないとなぁって思うんですよ。

勉強はいい高校や大学に入るのが目的ではありません。ご存知だと思いますが。

良質な知識を身につけることによってより本質が見えるようになり、自分で満足した人生を歩めるようになるためです。

昨日、私の回文師の師匠のサトーさん、お父さんがお亡くなりなられたことを回顧し、お父さんのが生前残された言葉についてご紹介されていました。

「勉強は人からだまされないために励むもの」

素晴らしい視点ですよね。

要するにこの世の中は本質を見抜いている人が、より裕福になり、有利に人生のコマを進めることができるということです。

知識がないと、情報量が少ない。すると選択肢が少ない。

ある難局に遭遇した時のサバイバルツールはもちろん多いほうがいいんです。

これは登山に例えるとわかりやすいです。

勉強を途中で辞めてしまった人は、例えるならば、山で遭難した時に3日分の水と食料だけしかリュックに入っていない感じ。

勉強続行中で、常日頃知識を蓄えている人は、そのリュックの中にナイフや、携帯電話、発煙筒まで入れることができるということ。

やはり自らを守るためなんですね。

山に一時的に霧がかかって目の前が見えなくなると方向感覚を失います。これは人生の局面でもよくあること。

その時にコンパスを取り出せるかどうか、そのためにはリュックにコンパスを入れておかなければなりません。

コドモラにもこの例えはわかってもらえるかもね。

そうなればもうどこの大学を出たかどうかは関係なく、リュックに今何が入ってますか?ということが肝心。

大学のネームバリューは、
その登山靴はどこのメーカーですか? ぐらいのものです。もちろん遭難時の話ですよ。

遭難すれば靴のメーカーはどこでもいい。全く関係ありません。超一流の登山靴を履いていても、リュックにコンパスが入ってなければ遭難続行中です。

大人になっても勉強絶賛続行中の人、この類の人はやはり、人生の選択肢も多く誤って道に迷うことも少ない。しかも迷ったとしても軌道修正ができるツールを取り出せます。

なので資格を取得するのもその意味では、「資格を取ることが目的ではなくて、リュックにサバイバルツールを入れる」ことが目的なんですね。

先ほども申し上げましたが、大学の名前や資格なんかは単なる登山用品でいうところのメーカー名の印字です。

ですが、企業は無名メーカーの登山靴を履くクライマーは採用しない傾向とあります。(業種によって様々ですが)いい靴を履いてるほうが見栄えがいいですし伸び代があるからです。その人本人が持つ伸び代とは若干意を異にします。

やはり一流の靴は名前だけではなく、靴底もインソールも形状も強度も安定しています。

無名のメーカーではそこまでのノウハウや技術を靴に詰め込むだけのパワーはありません。

なので長い登山で靴底がすり減ってきたりするわけです。

その人に登山の意欲がアリアリだとしても靴がすり減ってきてしまいます。

しかし、ここでもリュックにスペアの靴を入れておくことは可能です。履き替えればいいというわけです。

靴のメーカーと靴の耐久性とは相関関係にありますが、自分のリュックをサブの靴などの、サバイバルツールで常日頃満たしておけばいいんです。

このために必要なのが知識を得るための作業「勉強」だというわけ。

例えが長いなぁ(^_^;)

この理論をコドモラにも納得してもらいなぁ。

で、私も絶賛登山中。
そこでリュックに何を詰め込もうかなというところ。今はあまり自慢できたサバイバルツールは残念ながら入っていません。山の天気が心配です(^_^;)

分かれ道でも絶対に頂上に迷わず行ける魔法のステッキ?

それとも一瞬で体力がフル充電される非常食?

リュックの大きさは自分の器。努力次第で、ポケットの1つや2つ追加でつけられます。

今日は人生を登山になぞらえ、その中で勉強の大切さとスキルの大切さをリュックに入るサバイバルツールに例えてお話しさせていただきましたとさ。

In【スポーツ編】セレッソ大阪

消しゴムはんこ作業からの大阪ダービー!セレッソナイス!

おはようございます。たにけです。
今日はいつもより早い出勤。
朝会議があります。
ま、夕方会議よりは時間も決まってるんでマシなんですが、月曜の朝からいつもより早起きしないといけないのがなんともし難い苦痛(笑)


さて、昨日は朝から消しゴムはんこです。まったりした日曜の朝に実は集中力を使っているという(笑)


出来上がった作品たちがこちら






うん、なかなか味のあるハンコたちばかり。
ハンコ好きなどなたかの元へ渡る予定です。
最近私の作る消しゴムはんこが様々なハンドメイド作家さんのもとで活躍してる感じでね。

これはもうめちゃめちゃ嬉しいんですよね。

ハンコ作家冥利につきます。

ビジネスでいうところのほっこりゆったりBtoBでなわけですね。

一件BtoCのように思えるんですが、そのCであるお客さんが私のハンコを使って作品提供されればそれはBに変化しますんでね。

なかなか面白い勉強させてもらえてます。まだまだ知識も少ないんでどんどん蓄えては実践していきたいです。

さて、長女と一緒に消しゴムはんこ&スイミングから帰宅。

続いてのビッグイベントは一ヶ月も前から心待ちにしていたセレッソ大阪vsガンバの大阪の大阪ダービー!



息子ら2人と私の3人、年パス組で観戦してきました!

現地ではガンバファンのO君と再会!
2人で記念撮影!パシャり!からの乾杯!

さて、試合を振り返ります。

再三チャンスはありながらもイマイチ乗りに乗れないセレッソは前半0-0で折り返します。
そしてほどなくガンバ藤春にゴールを破られ1-0

はー……
スタジアムが落胆の色に包まれます。
その後反撃のセレッソ、健勇の切り返しからの右足ズドンで1-1同点です。
目の覚めるような弾道でスタジアムは歓声の渦!

そして待ってました!後半41分、空中戦、健勇の二発目ヘッドがゴール右隅へ!

「え?あれ入ったの?」 っていうくらい勢いは死んでいたんですが、ゴールに勢いもクソもありません。

これで2-1


そしてついに来ました、このまま逃げ切れるかと思った瞬間アディショナルタイムで元セレッソ倉田に押し込まれ2-2のドロー。

ため息100発の悔しいドロー。

またもや勝ちきれないセレッソが顔を出しました。

面白かったのは試合後のガンバサポーター、選手へのヤジが半端ない。

逆にセレッソサポーターは選手へ拍手です。勝ち切れなかったのに拍手!

善戦したということでしょうね!
私もガンバ相手によくやったと思いますし、格上であるという風にはまったく思いませんでした。

うん。セレッソはトップリーグで戦える。そう確信しましたね!


監督が変わればこうも変わるんですね。チーム内でもいい競争ができているような印象を受けます。

これからもしっかりと闘志むき出しで頑張って欲しいです!
バモセレッソ!!
In【ライフハック編】人生

予測と現実はやっぱりイコールにならない。新たな世界の扉は自分で開け閉めしましょうって話。

おはようございます。たにけです。
今日も柔らかい日差しが心地よいですね!

昨日は少し走れた嬉しさもあり暴飲暴食に走るという(笑)

なので今日は少しカロリー摂取を制限しましょう(^_^;)
まだまだ体が本調子ではなく、ある意味どこかため息混じりな日常感です。

では、私の本調子とは?

はい、フルマラソンを歩かずに完走できるレベルです。

これに向けて頑張らないといけません。ま、ゆっくりマイペースではありますがね。

先日、茶臼山を散歩して綺麗な写真を撮ったり、


昨日は教科書しか扱ってない本屋さんにお邪魔したり




やっぱり自分という人間がその場に行くことで初めて未知の世界がベールを剥ぐということを体感できてるんですよね。

これってすごく大事なことでね。

自分をその場に置くと、自分がそこで感じたものすべてが一気に財産になる。

少しでも気になれば、その気持ちはそれは好奇心。なのですぐ行けそうならすぐ行く。ダメそうなら近々行く。それもダメそうならせめて忘れないレベルにしておく。

そんな感じで、とにかく好奇心から発生する新たな世界というものを大事にしなければならないなぁと改めて思いました。

ある自分の知らない世界に対して、人間は賢いので、自分の経験則で「だいたいあぁいうところはこんな感じ」っていう予測を引き出すんです。

確かにこれも人間の危険予知能力の働いた素晴らしいスキルでね。


しかし、それはあくまでも予測です。

実際に体感した時の結果とはイコールになりません。

ということはですよ。

物事の本質に近づきたければ、やっぱり行動しなければならない。

自分の話で恐縮ですが、ギターに鍵盤ハーモニカを取り付けるというのは、だいたいの予測で「絶対に楽しい」というのはわかるんです。

伴奏楽器にメロディ楽器が合わさるわけで。

ですが、実際にやってみると、「こんなはずじゃない」の連発です。

でもその現実は「やってみなければわからなかったこと」であり、その現実を自分の中の予測(理想)に近づけるためにはどうすればいいのかということを思考できる。

ここからは、常にPDCAの繰り返しです。理想に近づけちゃいましょう。

私の場合はPがpredict(予知する)に近いですね。

予知して、やってみて、振り返って、また次の予知というイメージ。

結局はやはり予測だけで身の回りの事象を片付けていたのでは本質は捉えられないということ。

それであれば、自分はどういう動きを取るべきか、そうすることでどういう人生を歩むべきか……


を考えた時に私の今の生き方が紡ぎ出されました。

やりたいことの本質に近づくためにたとえ1人でも行動に移す。

これがやっぱり大事じゃないかな。

その好奇心の向く先はひょっとしたら誰もが到達したことのない世界かもしれない。

これは誰にでも言えることです。

自ら壁を作る、そしてそれを心地よいと思ってる人には特にお勧めです。

とにかく壁は低いほうがいい。 そして適度なストレスを感じながらでも新たな世界を自分で体験しに行ったほうがいい。


もちろんやりたくないことを無理にやる必要はないんです。好奇心というか、アンテナが反応したことに対してのみです。

会いたい人がいたら、会いに行く。
やりたいことがあればやってみる。

シンプルイズザベスト です。
自分に忠実になること。自分を偽るとしんどい。

とまぁ、最近のいろんな経験から改めて思いましたので書き残しておきまっしょー!

In【ライフハック編】へーそうなんだ・・・

教科書を専門に扱う本屋さん「カツヤ書房」へいざ出陣!

こんばんは。たにけです。
今日は当直明けでございました。

寝床が違うと疲れが完全には取れませんがま、とりあえずま、昼からは解放されます。

三国ヶ丘で下車し、ジョギング5キロで帰宅後はお風呂。、その後は娘と公園へ。
私はたにけ奏法の練習やら娘とかけっこしたりブランコしたり。

40.50分遊んだ後は、帰宅し今度は次男のサッカー送り。
いつもは嫁さんがその辺はしっかりやってくれてますのでね、ここぞとばかりに私が活躍させてもらうわけです。

ま、当たり前のことです。(^_^;)

そして今日お話しするのが、この後のことなんです。

実は昨日、長男のカバンの中で水筒のお茶が漏れ出し新品の国語の教科書がベッショ濡れ。

怒りをどこに向けたらいいのかわからなくなった長男はいてもたってもいられずママに当たったみたい(笑)

こればかりはなんのプラスもなし。
ママに怒ったところで教科書が綺麗に乾くはずもなく、波打ってる状態です。

気持ちはわかるけどね。
そして、急遽、夫婦臨時会議開催!

しかも1分で閉会。

結論「新しいの買ったろや」


以上。

妻が学校に電話します。

しかし一体学校の教科書なんてどこに売ってるんだろう?……

全然ピンとこないです。


すると学校の先生が教えてくれました。
その名も「カツヤ書房」。
保護者のほうで買いに行かれるのが早いかとってことでした。

さっそくネットで地図を調べます。

ほほう、こんなとこにあるのか。
突然、妻が「あーここ知ってる。とっくに潰れたと思ってたー」

「どーゆーこっちゃ!」

とにかくここに買いに行こう、こう決心した私は早速このお店「カツヤ書房」に電話をかけてみました。

幸い夜の8時までやっているとのことで、事情を伝え、車で向かいます。

ほどなく到着!



「ここかー。」
なるほど!
妻が「潰れたと思ってたー」っていうのもなんとなくわかるような気がします。(失礼やがな笑)




入り口前にはこんな看板が。

へー、教科書販売店。かっこいい!!

さて、早速中に入ってみましょう!
中に入るとそこは本屋さんという様相は皆無。段ボールが敷き詰められ、その上に教科書が並んでいます!



なかなかファンキーな構造ですよね。



「こんにちはー!!先ほど連絡したものでーす!」

私の声に、奥の方から「はーい」

おばさんの声が。

小柄な店主の女性が、
「はーい、お待ちしておりました。」

と、レジの上にはもう予め伝えておいた中学一年の国語の教科書が。

仕事が早い!

というかまぁ、他の客が皆無!



レジの前には教科書以外の雑誌もチラホラあったので、思わず私、「ここは元々は本屋さんだったんですかね?」

と失礼を承知で店主にご質問。

「ええ。でもやっぱり最近本は売れないんですよ」

私「なるほど、でも教科書卸せたらいいですよね」

店主(苦笑いで)「はいー」(^_^;)

ほんとに一般の書籍がないというか、もう本棚すらなく地ベタにたくさんの教科書が置いてあるだけなんですよ。
これはなかなか奇妙な光景ですよ。

店主に頼んで写真撮影の許可をもらいました。
「ちょっとなかなかこういうお店珍しいんで記念に写真撮影していいですか?」 って言ってね。(^_^;)


最後に750円支払って国語の教科書を購入。結構なページ数の割に安いな。

びらびらに波打った教科書で一年乗り切るの私も嫌だし、長男も喜ぶでしょう!ってことでね!

一応その新しい教科書は、次男のサッカー後に、彼から「濡れた教科書綺麗に乾いたで!」 っていうプチドッキリを仕掛けることで話は決まりました。

さて、次男を迎えに言って、無事に新教科書の贈呈式が行われました。

次男「教科書濡れてたやつ、結構いい感じで乾いたわ」

長男「え?え?ええー?なんで?まじで?!」

とっさに教科書を裏返します。
その時に自分の名前がないのを気づき、
一瞬時間が止まり、その後は輝いた目で「ありがとうっ!」


次男も私も妻も笑顔。^_^

というわけで、
本日は中学校と契約してる小さな書店に直接お邪魔し、なかなかファンキーな佇まいと今の本屋さんのビジネスの厳しさを知り、さらに、長男への次男のサプライズ劇、そして長男の喜びやらもろもろ含め素晴らしく楽しいエピソードになったことを克明に残しておこうと思いまーす!!


最後にふと思ったこと。

カツヤ書房で働きたい。

消しゴムはんこワークショップ開きたい。

他の書籍も卸してイベントやら成功させたい。

ポップやら作ったら一般書籍も売り出せる自信ある。

なんならたにけ奏法やらしてほしい。

カフェもしたい。

色々未来を感じるスペースでした!!
In【スポーツ編】ジョギング

フォトジョギングのススメ!茶臼山から眺める景色が最高!

おはようございます。たにけです。
出ました!快晴です!

さて、昨日職場を出てからの帰り道に、ジョグで職場から天王寺までえっちらおっちらジョギングです。

いつもは素通りする「てんしば」

この「てんしば」は昔はそりゃもう荒れ果てた広場でしてね、ま、味はそれなりにあるんですが、芝生なんて張ってなかったわけで、昼からブルーシートが並んで青空カラオケがバンバン繰り広げられていた土地でした。

その奥に動物園がありますが、人間もその隣で生活してるわけですからね。
そのてんしば。

文字通り天王寺公園に入るまでのスペースに青々とた芝生が敷き詰められています。


よしジョギングついでこの辺りを一周してみよう。
スタイリッシュなカフェや雑貨屋さんが並び焼肉屋さんもそりゃもうオシャレ仕様。

そしてその芝を通っていくと大阪市立美術館が見えます。


この建築美。感動ですね!
有名な建築家が建てたこと間違いなし!

私の大好きなハルカスもお目見え!


体を180°反転させると、こんな景色。


綺麗ですね!!

自分の感性のおもむくままに撮りたい風景を収めながらジョギングをする「フォトジョギング」

めっちゃ気持ちいいですよ!!
これおすすめ!!


さらに進むと茶臼山への散歩道。
美しいの一言ですね。

天王寺が今生まれ変わってます!

標高26メートル、小高い丘「茶臼山」
早速登ってみましょう。
ま、大した勾配もなく(^_^;)

まるでトトロの世界。


そして来ました!
絶好のスポット!
自然と近代建築の融合です。

題して「木立ちとハルカス」




そして山頂へ到着!!



真田幸村が戦った地であります。
あまり歴史には私、詳しくありませんが大坂夏の陣では豊臣方の武将として家康の本陣まで攻め込んだ日本一のツワモノとして有名なんですよね?





なんたって景色がいちいちカッコいいんですよね!!




これからの帰り道に追加しようかな。^_^

くるっと回って500メートル追加っていうのはありだよなぁ。

風も気持ちよく木々が多いので目にもいい。

実は、昨日、こうして足を止めたのは別の理由があるんですね(^_^;)

どうしても私、「1人でやってみるシリーズ」として「天王寺動物園」に行ってみたかったんですね。

動物のなんとも言えない表情をカメラで収めて消しゴムはんこの題材にしたくって。

絵葉書とかにしてもいいかなぁとかね。

でもね、よくよく考えたら当たり前なんですが閉まってたんですよね(^_^;)5時を過ぎてたんで。

動物を見るとなんだかほっこりしませんか?

私は動物が大好きで、これっていう特定のものはないんですが、みんな大好きなんですよね。

消しゴムはんこでも多数のアニマルを彫ってきました。


というわけで、いつか絶対行ってやるっ!^_^

みなさんもフォトジョギング!是非オススメいたします!!

In【ライフハック編】出会い

趣味の見つける簡単な方法と広げ方。

おはようございます。たにけです。
今日もパラパラと昨日の小雨の残りですかね、天気はわろし。
ですが、今日も頑張って1日をスタートさせましょう。

最近よくインスタフォロワーさんから「たにけさんって多才ですよね!」っていうお声をいただき甚だしく恐縮してるわけですが、改めて「趣味」ってなんなんだろう?って考えてみたんですね。

で、私のような自称多趣味人間には誰でもがなれるんでは?って思ったんで、私の趣味に対する考え方なんかをちょっとまとめておきたいと思います。

まずは最近の趣味「インスタグラの投稿」です。

インスタグラムというのはSNS「ソーシャルネットワークサービス」と言い、ネット上で趣味の合う者同士が集まり近況報告をし合ってお互いリスペクトし合う場所って感じのアプリケーションなんです。

私は半年ほど前から始めました。


まずはそのインスタの進捗報告から。

ついにフォロワーさんが300人を突破し、海外の方も20人を超えています。私がフォローしてる人は600人程度。

私の欲しい情報、聴きたい演奏、観たい作品(レザークラフト、消しゴムハンコ)、セレッソ大阪、消しゴムハンコなどがどんどん流れてきます。

昨日は2名の方が私の消しゴムハンコをインスタにアップしてくださりタグ付けまでしていただきました。

このようにしていただくことで何が起こるかと言いますと、友達の友達と友達になっていけるということ。

それもただの友達ではなく、私と趣味がど真ん中の人と友達になれるということ。

要するに会いたかったあなたに会えましたよという形です。

もう1つ有名なSNS「Facebook」では一昨日の花見の様子を投稿させてもらいました。そしてそこに私の妻の英語のティーチャーをタグ付け。するとその先生と親しくしている方々からコメントが舞い込みます。

SNS機能の一番素晴らしい部分ですよね!

このようにしてSNSは一部ロボットのスパムやらしょうもない泥を跳ねながらも使いようによってはどんどん人生を豊かにしてくれるツール。

私のようななんちゃってクリエイティブなおっさんにはたまらないというわけです。

さて、本題です。
「これといって趣味がない」という人は何人もいます。今までにそういった方にお会いしたのは1人や2人ではありません。
しかしそうした人に私が言ってるのは、「無理に趣味を作ろうとする必要はない」ということ。

さらに、そんな無理やり作ってやろうという意志から発生した趣味は長くは続かないと思っています。



そこで趣味の見つけ方について。


これほんとに簡単です。


行きますよ。


まず、「自分が楽しいな」と思っている時間、すなわち笑顔になれる時間あなたは、何をしてますか?


ということを振り返ってみてください。

実に単純明快。

それ以上でもそれ以下でもない。

仕事をしている時に同僚とたくさん話すことで笑顔が出る人の趣味はずばり「仕事」です。

仕事後に飲み会をすることが楽しい人の趣味は「みんなと飲むこと」 です。

仕事の愚痴を言ってる時がなんか楽しい人もいると思います。

その人の趣味は紛れもなく「みんなと愚痴をいうこと」です。

趣味というとなんかカッコよさげに「ガーデニング」「旅行」「映画鑑賞」「テニス」などなど、無理やり道具揃えて腰を据えて取り組まなければならないものという捉え方をされてる節がありますが、まったくの誤解。

定義はこれ
「楽しめる何か」「something to fun」です。

趣味が無いという人の共通点は、あまり「楽しんでる時間」を自己の意識下に置いて傍観視してない人。無意識な状態なんで、側から見ると楽しんでる時でもあまり「おれ楽しんでるなー」っていうような感覚がないんです。側からみると「いや、十分楽しそうですけどぉ?」ってな感じ。

実は楽しんでるなっていう意識を感じることができればその人は無類のシュミストになってる可能性はあるんですよ。

では本当の無趣味ってどんな人ですか?

それは「何をやるにしても楽しく取り組めない人、もしくは楽しいなと感じる時間が見当たらない人」のことです。

確かにそんな人も探せばいるかもしれませんね。

でも大抵の人々は「これをやってて楽しい」という何かがある人でしょう。

「仕事が趣味」大いに結構。
お金もらえて楽しめてるんなら最高です。私もそうした「お金をもらえてる趣味」がいくつかあります。

仕事が趣味となると、なんか人生の幅が増えないような?と心配なさる方がいます。

私はこう言います。
「いいじゃないですか?
楽しいことやって満足してるんですから!!」


満足できなくなれば仕事は趣味ではなくなるんですから^_^


私は好きなものがたくさんあって仕事でも好きと思える分野がたくさんあります。ま、一括りに仕事といってもたくさんの異なるスキルを必要とするものがあり、一部は苦手意識を持ってるものもあります。ま、それは誰しもが抱えています。

苦手なものは好きを磨くためのスパイスにもなります。なので苦手は克服が第一条件と捉えるのではなく、ある程度で付かず離れずで付き合うこと、なんなら人のヘルプに任せるというのも有用です。
これが自分のアイデンティティを保つ上で最も大事なことで、間違っても「苦手を克服しなきゃ真の自分になれない」なんて思わないことです。

何かに対して苦手だという自分がいるから何かに対して輝ける自分が目立つんです。

苦手のない人はこの世にはいません。

人間は実は全てをカバーするということができません。

「これをやれ、あれをやれ」と指示を出す立場の人、例えば小さい時には親だったり親戚だったり、社会に出れば先輩や上司だって、実は無意識に避け続けてるなにかはあります。



ですが、指導する立場なので、やはり「好き嫌いはするなよ!」と大義名分的にことは言います。先生なのでそれは仕方ありません。

親は自分の嫌いな食べ物を食べないくせに子供が自分の料理を嫌がると無理やりにでも食べさせたりします。そういうもんです。教育というものにかぶれることもあります。


でも、それは親もその親から引き継いだことでね(^_^;)。

人間は正義感の生き物。
自分が出来てる、出来てないは棚に上げて正義感を押し出します。

話はそれましたが、結論。

趣味の見つけ方は、まず、楽しい時間に何をしているかを突き止めてそれを趣味だと認識する。



間違えても「巷によくある趣味」と同期させる必要はありません。 そして、その楽しいことにたっぷり時間を費やし知識や経験を増やしましょう。

するとどんどんその分野の深さや広さがわかってきます。


そしてそれをすれば社会を学べます。狭い範囲を深く突き止めるだけでもずーっとやってればいやでも横の広がりが出てきて社会を知るということにはつながっていくという風に思います。


おさらいになりますが、
好きなことが見つからない、趣味がないっていう人は、なにをしてる時がストレスフリーですか?その「何」があなたの趣味です。


仕事が趣味だっていうのがイヤだっていう人、なにがイヤなのか私にはわからないですし、それが楽しいのに趣味と認めないのは変にカッコをつけないのか?その辺りが理解に苦しみます。むしろ私は羨ましいです。

なおかつ趣味でたっぷりお金をもらえるなら御の字です。

今日は趣味の見つけ方と付き合い方について。

ザクッと思ってることをまとめてみました。少しでも参考になることがあればこれ幸い。

では。

こちらは昨日届いた背負えるギターケース!春はこれで公園に出ようかな!
In【ライフハック編】人生

朝活はやっぱ有意義。ちょっとの勇気で毎日を変えてみよう。

おはようございます。たにけです。
今日の大阪、風が強いです。
しかし私にはその風が非常に心地よく……

なぜか?

そう。昨日は夜の9時に寝て朝は5時に起きる。
そんな1人朝活を敢行。
ま、わざとやったわけではないんですが、コドモラを寝かすついでに私も寝てしまう典型パターンです。(^_^;)

おかげで夜は1時に起き、3時に起き、4時に起きた時には8時になってるって夢がきっかけでした(笑)

というわけで、ばっちり5時に起きてね、7時までの2時間が私に与えられた自由時間というわけ。

まずは消しゴムハンコの発送準備やらね。我が子を嫁に行かせるような感じでね。「幸せになるんだぞ!」


そのあとはお風呂を追い焚き。
ゆっくりと体を温めます。お風呂の中でインスタやツイッターを更新。インスタフォロワーさんの楽しい日常に顔をほころばせながらを体をほぐします。

風呂上がりの後は妻が起床、2人で洗濯物干して、この後はピアノを弾いてと……

この充実感が同じ2時間でも、夜ならばお酒が入りパフォーマンスレベルはガタ落ち。携帯眺めるだけで翌朝覚えてない的な(^_^;)

やっぱりこの覚えがないっていうのは少し罪なのかもしれない。

最近そう思うようになりましたね。
夜はしっかり寝る。そして朝に体がしっかり充電された状態で物事に取り掛かる。

そうしたライフスタイルが一番健康にもいいし、時間も有効活用ができる。

前にも何度かやったことはあるのですが、やっぱり自分に負けてしまう部分もありますし、なんせ夜のお酒飲んでる時間てパフォーマンスこそ下がるものの嫌いじゃない自分もいたりで……(^_^;)でも、やっぱりそこはパフォーマンスあげるライフスタイルのほうがさらにいいということを自覚しなければならないんでしょうね。

コドモラも3人義務教育期間真っ只中。いろんな悩みも抱えて帰ってくることもあるでしょう。そうした時に、いつもしっかりとしたパフォーマンスレベルを保つこと、そして話を聞いてあげられる体制をしくこと。
これは重要だと思いますね。

そういえば私の両親も朝は2人で早くから起きてコドモラ3人の弁当作ってくれてたなぁ。

1人朝活、やっぱりこれは最強のパフォーマンスを演出するための1つのツールであることに間違いなさそうです。

では、今日も一日頑張りましょう!

以下最近の作品です。


In【ライフハック編】出会い

桜の週末!セレッソ、アントラーズを撃破!そして浜寺公園でのインターナショナル花見^_^

おはようございます。たにけです。
今日も少し肌寒いですね。


さて、土曜日、ついにセレッソがやってくれましたね!アントラーズ相手に堂々の勝利。 奇しくも古巣がアントラーズだった山村のドンピシャヘッド。虎の子の一点を見事に守り抜きました。しかも何度も攻めてるシーンがあり、着実にチーム力が上がっている。監督が変わればこんなにチームも変わるのかといった印象です。
これにてセレッソは6位に浮上。しっかりとこの位置をキープでいってほしいです。
昨日は午前中雨でした。
しかし予報では昼から上がる。

というわけで予てから予定していた浜寺公園でのお花見を敢行。


総勢20名ぐらいでしょうか、みんなでワイワイ盛り上がりました。
妻が昨年から通い始めた英会話教室の先生プレゼンツということもあり、旦那さんはみな日本に住む外国人、奥様は日本の方。なのでコドモラはみなハーフ。なかなかファンキーで楽しい会でした。

私は私でたにけ奏法をジャカジャカさせてもらって最高のひと時です。^_^


実は私37年間生きてきて大勢での花見はこれが初めてなんですね。 しかも満開の桜ときたもんですから、こんなに心地よい空気はないなって感じでね。
大いに楽しむことができました。

なかなか桜の季節と言いながらバッチリの満開でかつ土日祝ってのが今までないんですよね。なので昨日はほんとにベストタイミング。

改めて日本の心「桜」の良さを痛感しました。

さて、今週末はガンバ戦です。
今からテンション上がりますね!

バモセレッソ!!
J2時代からしっかり家族みんなで応援してきた地元チーム。
ガンバに勝ってまた1つ大きな桜を咲かせておくれ!!

In【ライフハック編】自己啓発

自分に与えられた自分だけの価値を磨くために何をすべきか。

おはようございます。たにけです。
今日は雨模様。
歓送迎会があるため、スーツで出勤です。

会社の先輩と幾度となく話すわけです。

この出勤をどうにかできないかと。
一部の人はすでに我社でも出勤せずに仕事を進められるんです。理論上はね。

ですが、就業規則に則り、朝は決まった時間までに入らないといけない。

この雇われの身の出勤を甘んじて受けるようじゃまだまだだなぁと。

しかし、朝から体を起こすというのはメリハリにはなるんです。問題はその動かす先が会社だということ。

朝から動くのはいいこと。それならせめてオシャレにスタバとかね(^_^;)

そういう暮らしをしてみたいなぁと。浅はかかもですが(^_^;)

ま、これはエゴと言えばエゴ。しかし実現不能かと言えばそう片付けて仕舞えばただの思考停止でもあります。

私は最近よく考えます。
金と人と場所とやりがいの4つを満たす働き方はないかと。

これらの要素を全部取りにいくならばやらないといけないことは自ずと明確です。

自分の価値提供レベルを上げること。

私はこういうことができるので、この場所で価値提供します。と言って仕舞えば、わざわざ雇い主の指定する場所で働かなくても良い。
さらに、これだけのお金をもらえますか?という提示も自由。そして、これらのスキルを持つ人を私につけてください。という提示もね。

これによりやりがいを創り出せる。

要するに、理論上はこの4つを満たすこと、できないことではないということ。

ただ自分のスキルがあまりにも少ないんで企業の喉に手が出るほど求める人材に達していない。それだけですね。

企業は想定以上の生産性とアイデアを持った社員は、ある程度の提示を飲んででも雇いたいと思うでしょう。

年間三千万の投資で六千万稼いできますというのが事実なら、働く場所や休みなんてどうだってよくてね。

要するに企業にぶら下がって人件費を食いつぶすような人は企業も困るし他の社員も困る。辛辣な言い方(笑)

やはり、企業を引っ張っていくようなスキルがないといけないですし、それに向けた毎日を送らなければ働いてても意味がない。
とまぁ、そういう理想論をやっぱり一歩一歩形にする作業をしていかないといけはいんだなぁと。

これよく思います。

いつか私も企業に必要ないと言われる可能性があります。
その時は転職するんでしょうが、やっぱりその企業が後から「あの経営判断は大失敗だった」と言われるほどのスキルを持たないとね。


最近、いろんなサイトでいろんな価値提供(サービス)をみながら勉強しています。

企画書とは何か?
ニーズとはなにか?
今までなかったサービスとはなにか?


やはりこうした社会貢献の芽がどこに生えててそれに対してどう自分がアプローチできるかを考えておかないといけません。

昨日は関西の某病院長よりいろんなお話を伺ってましたが、私の働く病院業界は完全に厚労省のラジコンと化しています。ラジコンよりひどいかもしれません。完全にレールが敷かれています。

そのレールの中のコーナリングやタイヤの履き方を右往左往しながら考えているのみで、それをしくじればコースアウトです。

厚労省は病院を作りすぎ、ベッドを作りすぎたのを反省し、医療費の削減プランを考えるのに躍起になってます。

ラットレースなんですね、要するに。実に悲しい(^_^;)
そしてその中の組織に所属する私は、その檻の中で家族を育て休暇を楽しみ、趣味に高じているというわけ。

確かにそこで生み出される幸せはすごく大きく、この会社には非常にお世話になっているんですが、なかなか自分がセルフで価値提供をしたいと考えた時に上手く立ち回ることができない難しい業界なんです。

なんせ決められたコースの中をうまく走るというのが至上命題なんでね。

であれば、今のうちに自分の価値を増やさない手はないわけでそれはコースの中にいてもできないことはないわけです。

昨日は夜な夜な電子書籍の出版やらそういう流れを勉強しておりました。
まだまだいろんなサービスの仕組みを勉強していきたいですし、やはり人が持たないスキルを身につければ自己の価値は高まります。


そして、何を隠そう一番大きな事実は、自分が世の中の面白い仕組みや人をハッピーにするためのノウハウ、これらを知らなさすぎるということです。

そのためには常日頃アンテナを張りながらいろんな人と会話したり本を読んだり趣味を突き詰めたりとやらなければいけないことがたくさんあるというわけですね。

まだまだ道半ば。
これからも自分が何をすべきかについてはしっかりと考える時間を割いてこの私でしかできないような素晴らしい何かを見つけ邁進して生きたいです。

では。

In【ライフハック編】人生

新年度の目標を立ててみた。実現に向けてコツコツ頑張ろう!

おはようございます。この春の高校野球を一試合も観てないたにけです。

福岡大大濠を普通に「ふくおかだいだいごう」と読んでしまったのはこの私です。(^_^;)


はい。 今日は朝会議です。
朝日が気持ちいいですね!

昨日は夜な夜な消しゴムはんこを彫ってました。


オーダーを仕上げるというのは実にやりがいのあることでね、しかし失敗はできない。このためわりと切れない集中力が必要とされます。


しかし、2年も彫り続けてますとね、やっぱりお客さんとのご縁に恵まれず透明のPP袋に入ったまま居眠りしてるはんこも数多し。

というわけで旧作を材料費と作業費ギリギリで大量に放出しようかなと思っております。

やっぱり手塩に育てた子供は嫁入りしてなんぼっちゅうことでね。

家にいてもスペースがかさばりますしね。

最近思うんですよね。

川の水もお金も血液も作品も、この世にあるものは全て循環している。 ということ。

楽しい気持ちも、嫌な気持ちも全てそうです。循環してるんです。

この自然の流れの中で生きているんです。


作品も私のうちにずっとあってそれがダムと化していればいずれは決壊するんでしょうね。

なので、過去の作品であれ、価値を下げてでも誰かの元へ渡るべき。

そして渡った先でまた新たな活用法を考えてもらえばよい。

友人関係もそうです。
私の周りの人々は絶えず行く川の流れの如し。

どんどん変わっていってます。
そりゃそうです。趣味もどんどん増えており、その時々で共感しあえる最も楽しい人々と心地よい時を過ごしてるわけです。

人間止まったら終わりです。

人間が止まれば、イコール成長を止まる。成長が止まれば思考が止まる。思考が止まれば感覚が止まる、感覚が止まれば意識が止まる、意識が止まれば興味が止まる、興味が止まれば命が止まる。


うん。これだな。

たとえ一歩でも進まなければいけないのは、死から遠ざかるためだということ。

死からの逃亡というわけですね。
ま、誰でも最期はあるわけですからね。

生き生きとしてる人、みなさんの周りにもおられると思いますが、そういう人ってわりと向こう見ずにただ明るい人ってタイプともう1つのタイプは、いつ死ぬかわからないから今をエンジョイしておこうっていう「死を見据えてる逆算タイプ」がいるんですよね。

私の経験則ですがね。
そういう人は、過去にそういうきっかけがあったかで、非常に死について深く悟っています。なので今に感謝して今を大事にしてらっしゃいます。

私もそういう生き方に憧れていますし、常日頃マインドはそちらに向かっています。
あまり、ぼやっと中長期的に物事を捉えて中だるみしたような人生って、時間の浪費だと思いますしね。

というわけで、私の今年度の目標をここで書きます。

まずは、
・たにけ奏法公園ライブ10回。
・コドモラのDVDの整理
・仕事の転職ポートフォリオ作成
・ドローイングソフト習得
・動画編集ソフト習得
・たにけ奏法クラシック曲習得
・マラソン復帰
・回文作品整理
・鶴橋で焼肉
・音楽イベント出場(五本)

こんな感じですかね、今んとこ。

さぁ、来年度どの程度クリアできているのでしょうか。
ちなみに私は立てた目標についてはかなり高確率で実現させておりなおかつ、自信があるものしかここには書きません。

なんなら半年ぐらいで全て叶うかも?とか考えてます。
勝ち戦へのアンテナは結構磨かれてるようで、負ける試合はしないタイプなんですね(笑)

その代わり日夜やるべきコツコツはサボらない。勝機が出れば勝負に出る。

そんな感じですね!
さて今日も一日無駄にせぬよう精一杯頑張ろう!

では。