その他日記

ご無沙汰しております^ー^いろいろありすぎたのでレビューします。

JUGEMテーマ:日記・一般

ご無沙汰しております。

 

たにけです。

 

前回からもう2ヶ月ほど空いてしまいましたかね。

 

激動の期間でした。

 

頸肩腕症候群が思うように回復せず、両腕のダルさと肩、首のコリに滅入る毎日。

 

8時間労働?

 

全然無理です。途中で手がぶらり・・・

 

ふぅ・・・

 

そんな中一番自分に大事なものを選ぼうと思いました。

 

それが音楽。

 

たにけ奏法です。

 

これなら毎日1〜2時間はできる。

 

そうして始めたのがツイッターです。

 

以前運用したアカウントは休眠。そして新しい音楽アカウントを誕生させました。

 

その名もたにけチャンネル。@tanikechannel 

 

ここで毎日のように演奏動画を載せるようにしました。

 

せっかく新天地だった会社もやめて療養生活。といっても日常のことはあらかた大丈夫。

 

毎日首の牽引、投薬。マッサージ(自宅)、整骨院、整形外科の繰り返し。

 

これらをやりながら一番大事な音楽をやり続けるという選択。

 

涙した日もありましたが、やっぱり音楽に癒されるし、元気ももらえる。

 

そうしてツイッターを中心に表向き、ガッツリ活動しているような感じになっていったわけです。

 

実は家でだるい体と戦いながら、家族に迷惑をかける日々、そんな毎日です。

 

ツイッターも毎日しっかりと情報発信をしていました。

 

あるとき、私のツイッターを後押ししてくださる方が出てこられ、多くの方に拡散していただくことがありました。

 

それも一人や二人ではありません。

 

以前インスタグラムで知り合っていた、ギター講師のこうじゅん先生や、ピアノ講師のRIKAKITA先生です。

 

それからというもの、たくさんのプロの演奏家さんにも知ってもらうことができて、

 

先日は、なんとウクレレ世界一位の鈴木智貴さんとジョイントライブをさせていただくこともできました。

 

ここまでキーボードを打っててもう手がだるいわけですが、今日は書き続けます。

 

ワンマンバンドの世界は私の夢なんですが、日本のトップワンマンバンドプレーヤーの油井ジョージさんの

 

演奏を生で観に行くこともできましたし、ここ2ヶ月のネットやリアルでの出会いは私の人生にとって

 

かけがえのないものになりました。

 

また完全復帰すれば取り急ぎ家庭を守るために就職活動をすることになりそうです。

 

今度は体を壊さないよう、しっかりと守るべきものを考えながら慎重にいこうと思います!

 

当ブログを楽しみにしてくださってた皆様、ご心配をおかけし、まことに申し訳ございませんでした。

 

私たにけ、いつもと変わらず元気です。両腕のダルさにどうしてもポジティブを奪い取られることはありますが・・・

 

首については今週MRIで詳しく精査。

 

しっかりと復調したいと思います。

 

では。

 

 

 

 

-

輸入車ディーラーが顧客と良好な関係を作り続けるために…

こんばんは。たにけです。


いやー土曜日働いたー。久しぶり。


いや、丸一日は初めてかも…

ま、ガッツリといってもただ社内でゆっくりしてただけなんですがね(笑)


子供達に会えるのが楽しみです。


輸入車ディーラーってほんとにいろんな意味でファンキーで楽しいんですよ。


どこが?


ってなりますよね?


うちの会社が特殊なのかもしれないんですが、カーオーナーさんたちとのイベントがめちゃめちゃ多いんですよ。


例えばツーリングで一泊旅行とか、サーキットで走り比べとか、さらに新車発表の時なんかはビュッフェパーティーとかね。


新車にはベールがかかっててカッコいい音楽とともにベールがバサッと取り払われる。


みんな一緒に写真を撮ったり、シャンパン飲んだり…


まぁ用意や段取りはかなり大変なんですが、お客さんは根っからの車好き。


そりゃもう贅沢な時間なんですよね。もちろんイベントを作る側もそうした経験を通じて、どういうイベントがお客様にウケるのか、どういう仕組みでお客様が感動するのか、という物差しが出来上がる。これはなかなかレアな経験値ですよ。


今の会社は、何年も前からそうしたイベントを企業とコラボしながら仕掛けています。コアなファン作りに余念がないというかね。


ニッチ戦略としてはかなり理にかなってる。そんな印象です。


まだまだ恥をかき足りていません。どんどん失敗して誰よりもいろんな考え方のできる人間になりたいなと思います!


では。












【ビジネス編】通勤電車

輸入車ディーラー転職後、半月経過。いろいろ見えてきたことまとめ。

おはようございます。たにけです。


今日は土曜日。私は丸一日ガッツリ働くことになります。そのかわり水曜日がお休み。車屋さんにはよくあるみたいですね。


さて、異例の病院事務から輸入車ディーラーへ転職して二週間が経過。

依然ひどい肩こりではありますが、なんとかシップと飲み薬で徐行運転。

まずは環境に順応させるのが私の仕事。しっかり社風に慣れること。


そうしていれば徐々に認めてくれる人も増えてくる。そうなってるんです世の中。


中途採用なんて特に。


何者だ?コイツ、何できんの?


ってところからスタート。


なので、まずはその心理的障壁の高さを下げること。

これが一番重要です。


コイツは仲間とみなそう。


そう思ってもらえて始めて土俵に立てる。

まだまだ私のいいところも悪いところも見せきれてない今はとにかく従順に組織に従うのみ。


新たな組織でストレスを感じず継続的に経験を積み上げる上でのベース課題です。


目的は自己の経験値を上げることなのだから。


企業が利益を出す仕組み。支店を広げる仕組み、いわば店舗開発です。


あとはディーラーとメーカー、消費者との関係、車の知識ももちろんです。


その中で私、前職の関係もあり広報やマーケティングの仕事を任されてます。なのでもちろん自分のカラーが形になりやすいところ。


いろんな提案も内に秘めてます。

しかしそこはまず、先輩方のスキルや物の考え方などのフレームを理解すること。

そこで積み上げてきた歴史とそれを成し遂げてきたものを体得すること。


話はそれから。


この半月の間で、前職といろんな比較もできました。さらにこれからもどんどん比較し、自分の立ち位置を決めていきます。


新たな輸入車業界。まだまだ知らないこと、理解できていないことばかりです。


だからこそ郷に入っては郷に従えの精神をわきまえる必要があります。


一見不条理に見えることも、前職の色眼鏡を通してしまってるからってだけかもしれません。そうでないこともあるでしょうが…


一つ一つ着実に本質に近づいていきたいと思います^_^


またいろいろ報告します。




では。





【音楽編】たにけ奏法

たにけ奏法地上波初お披露目!となりの人間国宝さんに夫婦で認定されたお話

はい。みなさまこんばんは。

 

人間国宝のたにけです(笑)

 

昨日でしたね。放送は。

 

実は新年早々円広志さんと共演しましたよってお話。

 

関西ローカルの番組「よーいドン!」の人気コーナー「となりの人間国宝さん」に私たにけが出演したんですよ。妻と一緒にね。

 

で、夫婦で人間国宝さんに認定されました(笑)

 

なかなかのビッグニュースですよね。関西人の中では誰もが憧れる?!あの人間国宝さん。

 

私なんか23歳からずっとサラリーマンしてますから、こんなウィークデーの昼前の番組なんかほぼ観ずに今まできました。

 

やはり観ている層は女性の30代から60代くらいでしょうか、かなり幅広い層から支持を得てる老舗番組。もう10年以上になるんですかね?

 

公園で冬の寒稽古(たにけ奏法の練習)をしていると、ふらりと現れた円広志さん。

 

とそのバックにスタッフさんたち。

 

何曲か披露させてもらったのち、円さんより「奥さんに会わせて」とお決まりの流れ。

 

そして妻と円さんの掛け合い。これがまた面白い。最後は妻が歌い私がギターを弾く。

昔懐かしの結婚式で二人で演奏した写真なんかも取り上げられて、なかなかハートフルな仕上がりになってました(笑)

 

2019年、平成ももう間も無く終わろうという時になかなかどでかい思い出ができました。

 

そしてたにけ奏法は地道にコツコツまだまだ磨いていきます。

 

ご視聴いただいた皆様ありがとうございました。惜しくもご視聴が叶わなかった皆様、告知ゼロですみません、また次回(あるんかいな)(笑)

 

では。

-

2019高石中央 水沼杯 優勝!!私も負けじと頑張ります^_^

こんばんは。


たにけです。


本日淡路島遠征より帰宅した次男。


水沼杯なるカップ戦で映えある優勝を納めてくれました^_^


6年最後の遠征。

これでもう小学校生活、サッカーのチームメイトでの遠征はない。


こうなると感慨深いですよね…

思えば今の六年生、数多くの大会で優勝をもぎ取ってきました。


そこで次男には沢山の仲間ができました。みんないい子達ばっかりでコーチや親御さんも皆仲良し。最高の環境です。


四年生の夏からではありますがほんとにいいチームに入れることができました。


こうしてチームの活躍、次男の活躍を目の当たりにして思うこと、それは、「私も自分の立たされたピッチで頑張らないといけない」ということ。


私にもピッチがあり試合開始の笛がなるわけです。


そこでは望まれた結果を出さないといけませんし、グズグズはしていられないということ。



6年の次男を観ていてつくづく思います。

すごいなぁ…と。


尊敬します。本気で。


もちろんスタメンを取れないことも多いです。ですが出された時には人一倍小さい体ですが全力で闘っています。


勇気をもらえるんですよね、これが。

チーム内には上手い子もたくさんいて日々刺激になっている様子。


さて、明日からまた仕事。

新天地で頑張ります。


自分で課題を見つけては、その克服に向けて着実に経験値を積み上げます。


その先にあるのは、自分にしか価値がわからないものだったとしても、その価値を評価できるのはまぎれもなく自分だけ。


もし他人が私の人生を評価したとしても、その評価のベースとなる情報はその他人の引き出しの中からしか出てこないわけです。


もうお分かりかと思いますか、自分が欲しいものを貪欲に求める。

人生は一度きりだからこそ。この考え一本です。


そのために、第一に存在する家族の平和、これをベースにやりたいことを乗せていく。


当初は、私の両親が臨床検査技師と看護師だったこともあり病院の事務を選択しました。


仕事の会話が弾む実に楽しい15年間でした。これからの人生は、私の兼ねてからチャレンジしたかった企業勤め。その中のマーケティングです。


どのようにしたら価値あるものが売れるのか?どのようにしたら消費者が喜ぶのか…


これを生業にできるのは幸せだと感じていました。趣味に始めたハンドメイド販売でコツコツ経験値をあげることもできました。


さて、これからいろんな方々と出会い、いろんな学びを得ることになります。一つ一つを自分の糧として来年突入するオリンピックイヤーの40歳スタート、華々しく切りたいと思います。


今年一年はその足場作りに精を出します。


長々とすみません。

では^_^







-

人生を変えるのに一番手取り早いこと

おはようございます。たにけです。

久々の更新となります。


楽しみにしてくださってる皆様、長らく申し訳ありませんでした。


一月の半ばですか、新たな職場へ転職したわけです。これはもうお伝えしてたかな。


病院の事務から、輸入車ディーラーです。

なかなか自分でも大きな振り幅だと思うのですがいかがでしょうか(笑)


転職理由はじつに簡単です。


ある程度社会人経験を積んだところで異業種へ挑戦し「人生を変える」ことを従前より自分の目標にしていたから。「変える」というよりかは「多くを経験する」といったほうが近いかもしれません。


タイミングはもちろん見計らっていました。社会人10年を迎えた辺りからでしたかね。


このままの職場で積み重ねられる新たな経験値を予測しつつ、新たな環境に身を置くことで積み上げられる経験値とを天秤にかけます。


そして単純にこの両者を比較するということ。


この際には、自分が楽に居られるかどうかという観点は取り去ります。


自分が楽な状況というのは、経験値の蓄積を阻害する要因になります。


そこで私の結論は、「転職」という道の選択。


このタイミングを選んだのは、前職での体調不良もあります。マンネリからか自分で仕事を限局してしまいアクティビティを絞ったがために心身ともに疲労感を感じるようになりました。


次の新たな扉が迫っている感覚さえも味わうようになりました。


上司や同僚にはかなり恵まれ、それなりに充実した日々を送ってはいました。

その中で日に日に薄くなる経験値。

自分でなんとかしなければいけない部分と、どうしようもない部分。この二つが入り混じってる感覚です。


このムズムズした心境が、疲労感をズルズルと連れてくる。


特にお世話になった上司二人には申し訳ない気持ちがいっぱいですが、私の考えや行動パターンを理解してくれてるのもこの二人。最後には快く送り出してくださった。


このタイミングで動くしかないな。そしてコンパスを180度ひっくり返した異業種で結果を残そう。


そう思ったわけです。


もともと病院というのは、我々が納める保険料で成り立っています。保険料を医療サービスに替えて社会に還元するというかけがえのない仕事です。


医療の世界は尊いです。


一方、企業はどうか?


こちらも社会に独自の価値を提供し利益を集め社会に還元するという流れ。


ただひとつ違うのは、利益を出し続けないと存在価値がなくなるということです。


このため一つの事業が煮詰まると企業は別の業態を展開したり、消費者へ自己の存在意義を感じてもらい、生き残るために知恵を振り絞ります。


こうしたサバイバルな環境の中に生み出される感動体験や厳しさも含め自身か体感したかったというわけです。


いいことばかりではないでしょう。ですがやり甲斐はあるのでは?


こうして、思い立ったが吉日です。

行動はするかしないか。グズグズしてても環境は変わりません。


というわけで、このブログ、元号がもうすぐ変わりますが、この9年間は病院事務として社会をのぞいてみた感覚で書いてましたが、今後は企業(輸入車ディーラー)からの視点も加わります。そんな二つのメガネをかけたテイストになりながら、育ちゆく子供達、自分の趣味などもたっぷり含めながら書いていくことになりそうです。


肩こりの状況などからあまり頻回に更新はできないかもしれませんが、今回の転職劇が少し落ち着いたので、またより一層深みの増したブログになればなぁと思ってます。


ちなみに新しい職場では輸入車ブランドに応じたイベント企画やマーケティングを担当しています。前職の経験も生きると思います。


いろんな知見を得ながら人として成長していければと思います^_^


まとめです。


人生を変えるのに一番手取り早いこと、それは「行動」することです。

行動を起こせば環境が変わるから。

環境を変えれば人生が変わります。

一度しかない人生、変化を楽しみたいものです^_^


では。






【ファミリー編】次男

次男6年 マラソン大会六連覇達成!その裏に高石中央JSCあり!

先日、といっても2ヶ月ちょい前ですが、

次男がマラソン大会6連覇(学年全5クラス80名)を達成しました。

親としては本当に嬉しかったです。

六年連続1位なんてそうそうとれるものではない・・・

 

彼も年々大きくなるプレッシャーとの戦いだったようで・・・

先生からも「お父さんおめでとうございます!」と言われ、なんだか恥ずかしかったです。

私は何もしてないんで・・・

 

強いて言うならば、レースの一ヶ月前ぐらいから一緒に彼と妻と娘とジョギングをしてました。

娘は昨年5位、そして今回は4位。(4クラスの女子60認定度)こちらも素晴らしい記録です。

 

次男もレース後は肩の荷が下りたようでホッとした表情を浮かべてました。

 

小さい頃から2年上の長男の影響を受け、兄貴の友達にまじってサッカーをしていました。

あとは喘息にならないよう肺を鍛えるためにスイミング。これで持久力がついたのだと思います。

 

4年生からはサッカーチームを移籍し近くの強いチームへ入れ練習量を増やしました。

以前のサッカーチームは週1度、一時間のみの練習、移籍後のチームは月水金の練習に土日の試合という

ガチぶり(笑)

 

サッカーが大好きなので、すぐにチームに溶け込むことができ、仲間にも大事にしてもらっている様子。

移籍させて本当によかったなと思います。

 

やはり小学校での習い事でサッカーをしっかりやっているとマラソン大会でいい結果が残せる。

これは間違いではありません。常日頃走っている習い事のTOPがサッカーなのでしょう。

 

同じチームメートもマラソン大会で上位に食い込んでいる子達がたくさんいます。

うちの次男よりも速い子もたくさんいます。

 

サッカーを習わせると。そうした学校のスポーツ行事で大きな成功体験を積めるということですね。

そして、我がチームにはピアノを習っている子も少なくないんです。脳の活性には大きな威力を

発揮する、これがピアノです。指をバラバラに動かすというのは発想の豊かさにもつながります。

そうしたことがサッカーのプレイにも出てくれたらと思いますね。

 

今回の6連覇の背景には、やはり特に今所属しているチーム、「高石中央JSC」の存在が大きく関与しています。

このチーム、勝ちにももちろんこだわりますが、優秀なコーチ陣が人間性も教えてくれます。マナーや、

自立性や積極性など、サッカーをする前に、そうした人間としてのベースメントスキルもきっちり教えてくれる。

 

そんな最高のチームなんですね。

そんな土台の上にテクニックが乗っかるんで強くなるんです。

大阪の堺市、高石市付近にお住まいの方で、お子さんへサッカーを習わせたい方は是非一度ご検討下さい。

 

保護者も仲が良く、みんなで協力しながらチーム運営をしています。

次男の学年ではママさん同士の飲み会や、パパさん同士で飲み会まであって非常に楽しいです。

 

子供の習い事で親のコミュニティまでも新たに作られ豊かになる・・・最高の習い事だと思います。

チームスポーツを習い事にするのはほんとに楽しいです。

 

これからもコドモラの成長を見守っていきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

【ライフハック編】人生

2019スタート猪突猛進で頑張ります!

正月三が日。
あっという間に終わりそうですね。

ほんとに年末から天気のいい日が続いて今年一年、いい年になりそうです。

私たち家族は、年末年始から私の実家、妻の実家を行き来し、正月3日目に入り、地元の神社でお参りを敢行。

例年のごとくおみくじを引き、今回は、なんと家族のうち、3人が大吉のおみくじを引くと言う幸運ぶり。

何がいいことが起こりそうですね。

そういえば昨年は、次男のマラソン大会6連覇がありました。そして、長女は昨年の5位の成績から、1つ順位を上げて4行となることができました。

長男については、サッカー部で、常にレギュラーポジション。
ミッドフィルダーの大役を任され、私たち夫婦、今年は何度も長男のサッカー観戦に出向きました。

使ってくれてるコーチにも感謝です。
そんな中、私は私で、辛い首肩腰の凝りを抱えながら、何とか転職活動を続けることができました。いろんな業態を知ることができ、いろいろな人との出会いがあり、新たな人生を歩むこととなります。

そんな私をずっとサポートし続けてくれたのが妻です。

ここ数ヶ月間、常に私のサポートを第一に考えてくれました。そんな支えもあり、私は常に未来を見据え、今後、家族へどのように還元しようかとそればかりを考える日々でした。

さて、2019年。

犬より一回り大きな猪がやってきました。

次男の干支です。

テーマは「猪突猛進」

間違ってるかどうかは関係ない。とにかく真っ直ぐに体当たり。そんな年です。

大吉を引いた私に神はきっと味方をしてくれるでしょう。そして前職の皆が後押ししてくれるでしょう。

そう信じてガムシャラに頑張ります。

さぁ新たな年、来年の今頃、「よかった」と一言呟けるよう、持てる力をフルに頑張りたいと思います^ - ^


皆さまどうぞよろしくお願い致します^ - ^
【ビジネス編】仕事

40歳前の転職劇!わたくし新たな人生を歩みます!

こんばんは。たにけです。

夜な夜な失礼します。

平成最後のクリスマスイブですね。

天皇陛下のお言葉に感極まってました。

いろいろお辛いことも多かったようで。

美智子さまも初の民間から皇室に入られそりゃもう苦労だらけだったと思います。

私も今後の人生のために着々と準備をしていた一年でした。

15年間勤め上げた病院を退職し、新たな一歩を踏み出します。

院長先生には以前からこんな言葉をいただいてました。

「君は、他からいろんなオファーがあるでしょう。

 いつか他所へいくんだろうなぁと思っています。」

そして上司からも

「あいつはどこにいってもやっていける」

・・・光栄ですよね。

そんな言葉があったからこそ、チャレンジに踏み切れる。

人間は言葉で動くもんなんです。

なんでもその気になることが重要。

もちろん今いる組織でやり甲斐を見つけては新たな蓄積をしていくことも選択肢には

ありました。

しかし、私は新しい環境下に身を置くことを選びました。

なぜか?

私は人一倍警戒心が強んだと思います。

非常にネガティブなところもありますし、生存欲求が強いという自覚もあります。

だからこそ、違う環境下での耐性を身につけて、どの分野においても、どんなに環境が

変わっても対応できるようなそんな強さを身につけたかった。

というわけです。

まあ細かいことをいえば、後輩が育ってくれていることや、肩凝りによる体調不良がメンタルへ影響し出だした

ことや、組織の運営方針への疑問なんかも要因に挙げられます。

あまり詳しいことはここでは書けませんが、とにかくいろんなことが重なって溢れ出したというイメージ。

ここだ!というタイミングは急に訪れるもんですね。

こういう状況を私は基本的にチャンスを考えます。いくら身体が不調であれね。

公務員や企業など、初めてきちんと取り組んだ就職活動。

商社、教育業界、国防、病院業界などなど、さまざまなジャンルに手を出しました。

自分が何をやりたいというのはピンポイントで設定していません。

自分の幅を広げるというのが第一目的です。

今回の様々な出会いの中で最後は直感で決めたというのが正直なところです。

さて、就職活動、現職は運良く一発合格でしたので、あまり就職活動についてあれやこれやを

語れるような経験もなく・・・

しかし今回は履歴書提出、面接や小論文など、一から体当たりです。

そこで知り合った面接官その数15名程度でしょうか。いい方ばかりですごく勉強になりました。

転職エージェントも利用しましたので、転職市場におけるカラクリがよくわかった数ヶ月間。

なるほど。40歳前の転職市場はこうなってんだ・・・

こういう業界が人材を大量に求めているんだ・・・

などなど。

こんな経験滅多にできるものではありません。

たまに、「自分はいったい今何をしているんだろう」と

考えてしまうこともあります。

しかし、今の環境を変えるのは今しかない。

この思いを一身に背負い行動に移す。それだけです。

就職活動については、今年一年でゆるやかに始めていました。

自分を棚卸して、今の年で市場で自分にはどの程度の価値がつくのかというのも気になっていましたし、

それに向けて資格も取得してました。

現職への未練があったのか、公務員や独立行政法人なども数社受験しましたが、やっぱり、

企業を経験せずに人生を終えるのに抵抗があったため、最終的には企業を選択しました。

人生は一度きり。

自分が納得していない人生は面白くありません。

面白くない人生は、生きた心地がしません。

今の職場では皆が楽しそうに働いています。

非常に羨ましく思っていました。

しかし私は心底楽しいと感じたことは非常に少なかったと思います。

やり甲斐は感じられていることも多かったのですが、何かこのままこの環境下で続けるには違和感が

ありました。

そうした自分の正直な気持ちを行動に移す。これができたことを誇りに思うと

共に、しっかりと家族のサポートをもらいながら、今後も自分に出来ることを楽しみながら

やっていこうと思っています。

今の環境に不満を感じている方は少なからずおられると思いますが、その環境に慣れてしまうと、

どうしても動き出すという気力が奪われてしまいます。

「茹でガエル現象」という言葉をご存知でしょうか?

水の入った釜を火で温めます。その中に一匹のカエルが飛び込みます。

徐々にぬるま湯となり、熱湯になるのですが、徐々に熱せられるため、

その熱さにカエルは気づきません。

そのまま沸騰した湯の中にいるカエルの末路は恐ろしいことに・・・

これが最初から熱湯の中に放りこまれたカエルは、その熱さから、入った瞬間飛び出ることに成功

します。

今の環境下が非常に楽しくてやり甲斐がある人は、全く問題ありません。しかし先行きに不安を感じていたり、未来を大きく変えるチャレンジをしたなとあう気持ちが少しでもある人は

是非この理論を頭の片隅に置いて自分の原動力の一助とされてはいかがでしょうか。

何度も言います。

やっぱり「行動」が大事です。

周囲から何を言われようと、行動です。

今思えば、職場ではいろんな学びをいただきました。上司からはこれでもかというほど可愛がってもらいました。

こんな幸せモノはいないと思うほどです。

そして、私が周囲に退職の意思を告げた時も、誰ひとりとして、未来へのネガティブコメントはありませんでしたし、

むしろ激励の言葉のほうが多かった。これには感動すら覚えました。

素晴らしい職場に感謝。この15年は私にとって財産です。

さて、今年は激動の年でした。また来年もそうなることは必至。

そんな動きのあるアクティブな人生こそが私の人生に相応しいと思います。

コドモラも日に日に大きくなる中で、私も毎日しっかり成長していきたいと思います。
では。

【ライフハック編】人生

ご無沙汰すみません、あれやこれや語っていきます。

こんばんは。
たにけです。

はや、3ヶ月経っちゃいましたね……

皆さまご無沙汰お許しください。


この間に私は何をしていたか……

一言ではもちろん言い尽くせないんですが、
まさに激動の3ヶ月。

自分自身を見つめなおしてました。

なにを?

40代をどのように過ごそうかということ。
じっくり考えてました。

来年39の歳をスタートさせるわけですが、40代からさらに充実させるために何をすべきか……

この判断を謝ると自分にとって実りのない期間になる。

徹底的に考えたわけです。

人生は自分が主導でデザインする。
人の敷いた道は歩まないと決めてるんけです。

さて、今の職場をどうするか。

今の職場で得たものをどこに生かそうか。



とあれやこれや悩むこと数年。
そんな悩みの中、3ヶ月前、日頃の仕事の蓄積なのか、患った肩こりからの頸肩腕症候群……

マウスやキーボード操作を長時間するとすごく疲労感が溜まるという現象……

今思えば、神様のお告げなのか。

結果、身体をゆっくり休める時間ができたんです。職場の皆さんには本当にご迷惑をおかけしました。

従来から40代前で新たな業界を肌身で経験するとは決めていました。


もちろん上司や後輩にも告げていました。時期は未定でしたがね。
そこにまとまった時間ができたのは私にとって大きかった。整骨院や整形外科で様子を見つつ次のタームへしっかりと準備をしようと心に決めました。